ウェスタン・ブーツ

Tony Lama ウェスタン・ブーツ

ウェスタン・ブーツは19世紀頃にカウボーイたちに履かれるようになり、徐々に独自の進化・発展をしていったブーツです。別名カウボーイ・ブーツ。ウェスタン・ブーツのメーカーで最も有名なものにTony Lamaがあります。

乗馬の際にあぶみから靴が外れたり、すべったりしないように、ヒール部分高くて前に傾斜にしていて、
馬が動く時にすばやくあぶみを探す事が出来るように、つま先は細く、
罠にはまった時に抜け出しやすいように、履き口は太めに、
牧場での作業がしやすいよう、履き口前後のV字のカッティングが入れ、
岩石や植物のトゲ、蛇などから守り、脚や足首の打撲や摩擦を防ぐために、ブーツは膝丈まであります。

カウボーイの生活に最適化していった結果が、現在のウェスタン・ブーツの形です。

そんな、徹底的に自分たちの環境に合わせたブーツ全体に施された装飾的なレリーフやステッチが、仕事用のブーツであってもお洒落心を常に持ち続けたカウボーイの心意気を表しているようでグッときます。




↑ PAGETOP