グッドイヤー・ウェルト製法

グッドイヤー・ウェルト製法

グッドイヤー・ウェルト製法は、19世紀にC.グッドイヤーJrらが開発した製法です。

アッパー、インソール、ウェルトをいっしょにすくい縫いし、中物(コルク状など)をつめてウェルトとアウトソールを縫い込みます。非常に手間のかかる工程です。

グッドイヤー・ウェルト製法のブーツは、丈夫で、履いているうちにフィット感が高まり、長時間履いても疲れにくいのが特徴です。ソールのリペア修理が他の製法に比べると容易なのも大きな特徴です。

ALDENやRed Wingのほとんどのブーツがグッドイヤー・ウェルト製法を採用しています。




↑ PAGETOP