ステッチダウン製法

ステッチダウン製法

ステッチダウン製法は、グッドイヤー・ウェルト製法以前から存在した原始的な製法で、アッパーを足型に沿って外側に引き伸ばし中板と結合させ、アウトソールに縫い付る、またはアウトソールを接着剤で着ける製法です。

アッパーが内側ではなく外側に張り出しているため機密性が高く、WescoやWHITE’Sなどの老舗メーカーのブーツは未だにステッチダウン製法を採用しています。原始的な製法でありながら、最良の製法の1つであるといえます。

ステッチダウン製法のブーツのソールを交換する場合には、アッパーとウェルトが一体化しているために、アッパー部分にも手を加える必要があります。グッドイヤー・ウェルト製法に比べれば、時間・費用が余計にかかってしまいます。




↑ PAGETOP