ノルウィージャン製法

ノルウィージャン製法

ノルウィージャン製法は、ノルベジェーゼ製法、ノルウェイジャン製法、ノーウェイジャン製法など様々な呼ばれ方をします。

その製法は、インソールに加工を施し、アッパーとインソールをすくい縫いにしたものと、補強のための甲革と中板をだし縫いにして、その後アウトソールと出し縫いにするという非常に手間のかかるものです。

ウェルトを使わずアッパーをウェルトの代わりするため、ノルウィージャン製法のブーツのアッパーには高い強度が求められます。

また、アウトソールには防寒用の厚いものを縫い付けるため、太い糸が用いられます。仕上がりのステッチが無骨な印象を与えますが、それも防寒性、耐久性のためにもたらされたノルウィージャン製法の機能美と言えます。




↑ PAGETOP