マッケイ製法

マッケイ製法

マッケイ製法は、アッパーの端を内側に折り込み、アウトソールに直接縫い付ける製法です。グッドイヤー・ウェルト製法よりコバの部分がスマートな印象になり、かつ、軽量でソールの反りが良いために、イタリアの靴などのドレスシューズに多く用いられます。

耐水性、耐久性にはさほど優れていませんが、どんな柔らかい革でも靴にできる長所もあります。また、この製法の構造上、履いたときに足を包み込むようになじんでくれます。




↑ PAGETOP