ペコス・ブーツ

CHIPPEWA ペコス・ブーツ

ペコス・ブーツは、カウボーイたちのウェスタン・ブーツを、より日々の生活の基盤であった農業に適したブーツに変化させたものです。1953年にRed Wingがアメリカ中西部のペコス川の名前からもらい、生産したのが最初です。ペコスはRed Wingの商標なのですが、現在ではこのような形のブーツはほぼ全てペコス・タイプ・ブーツと呼ばれています。

ウェスタン・ブーツから装飾を取り払ったペコス・ブーツは、非常にシンプルでいながらワーク・ブーツとしての機能美がしっかりと存在し、高い完成度を持っていると思います。

ヒールがあるものと、クレープソールのものがありますが、ヒールがあるペコス・ブーツは、見た目もウェスタン・ブーツに近く、出た当時のままに近いモデルで、クレープソールをはいたものは農業により適した改良モデルです。




↑ PAGETOP