ALDEN(オールデン)

ALDEN コードバン チャッカ・ブーツ

アメリカン・トラディショナルの靴を現在も作り続けるメーカーで、ALDENのコートバンの靴は、現代の最高の靴の1つとも言われます。

ALDEN(オールデン)。正式名称は、ALDEN SHOE COMPANY。1884年、マサチューセッツ州のミドルボロウにCharles H.Alden氏によって設立。

ALDENの歴史

初期の工場の製品はカスタムメイドブーツや受注生産による品質の高い紳士靴でした。1892年、工場は拡張されマ サチューセッツ州のノースアビントンに移され、ALDEN氏が退職する1931年までそこにとどまります。 ALDEN氏はその時期にTARLOW家と提携を結び、彼の退職によりALDEN SHOE COMPANYはTARLOW家に受け継がれました。

1931年、工場はマサチューセッツ州のブロックトンに移され、現在生産を続けているミドルボロウに近代的工場が建設される1970年までそこで生産を続けました。
ALDEN SHOE COMPANYは、現在靴メーカーとして4代にわたる歴史を持つ同族系の会社です。

最高品質の素材でウエルトされた紳士用トラディショナルシューズの製造に加え、ALDEN社は問題のある足でも適宜にフィットし、均整回復を可能にする整形法のデザインの分野を開拓しました。ALDEN社はこの高度な専門分野の先駆者として知られています。ALDEN社の整形法による製品の調査・開発は、トラディショナルシューズを快適で履き心地の良いものにすることに大いに貢献しています。

THE LAKOTA & CO. – ALDEN(オールデン) – ALDEN社の歴史より引用

1930年代以降は、現在までオリジナルをずっと守り続けています。アメリカン・トラディショナルの靴をつくり続けている最後にして最高のメーカーと言えるかもしれません。

ALDENの靴の特徴

ALDENの靴の特徴はなんと言っても製法や素材へのこだわりです。ALDENの最も有名なコードバンの靴には、シカゴのHorween(ホーウィン社)のものを使用しています。製法はグッドイヤー・ウェルト製法を用い、通常の靴が150工程で仕上げるところを200工程かけて、一足を製作するのに要する時間は3週間です。国内の正規代理店経由ですと10万円以上の値段にも納得です。

ALDENのラスト(木型)

BARRIE

1950年代初期にドレスコンフォート用に開発されたクラシックな木型でヴァンプはやや長めで、ヒールカップの高さが低めの設計となっています。踵はガッチリつかむというよりは適度についてくるといった感じです。癖のないベーシックなフォルムで履き心地の良いラストです。

MODIFIED

1952 年以降、ハンディキャッパー用のオーソペディックシューズを生産してきたオールデンがそのノウハウをもとにコンフォートラストとして1963年に完成させました。ラストは足なりにシェイプされており、トウ部には適度なゆとりがあり、逆にアーチ部は深くくびれて高いフィット感をもたらしています。

VAN

1960 年代初期に開発されました。モカ部分がソールに対してほぼ垂直に立ち上がっているところが特徴です。そのため、指先の辺りには厚みがあって締め付けが少なく適度なゆとりを持ったフィッティングが可能です。当社で扱っているペニーローファーはオリジナルのものよりインステップを高くして、プラグを少し後方にずらした日本仕様にしております。

379X

アメリカ軍の将校や一般兵士にドレス・ユニフォーム用として履かれていた軍靴用木型で、後年オールデン社がこれを管理していた製靴協会から購入したものです。モディファイドラストに次いで足なりにシェイプされ、またヴァンプ部もゆったりと作られており長時間履いても疲れにくい作りとなっています。

THE LAKOTA & CO. – ALDEN(オールデン) – 主要4型ラスト紹介 ラストの特徴より引用




↑ PAGETOP