外国製の靴を購入する際の注意

靴には、「捨て寸」というものが設けられています。爪先が靴の内側に当たって爪を痛めてしまうのを防ぐために、靴の内側にある、10~30ミリのゆとりのことを指します。

サイズの表記の仕方はこの捨て寸の考え方によって2種類に分かれます。欧米の靴ですと、ラスト・サイズ方式を採用しているメーカーもたくさんあるようですので、注意が必要です。

フット・サイズ方式

日本で多く採用。裸足で計った寸法を靴のサイズとして表記します。
実際の靴の内側は、[サイズ+捨て寸]となります。

ラスト・サイズ方式

ラスト(木型)のサイズを靴のサイズとしているために、捨て寸を含まずに表記しています。
実際の靴の内側は、[サイズ]のみとなります。




↑ PAGETOP