バックスキン

バックスキンは、もともとは、バック(牡鹿)の革の事を指します。例えば、ホワイトバックス・シューズは牡鹿の革を使用したものでなければいけません。

しかし、バックスキンは バック(牡鹿)の革を揉んで柔らかくしたものや、さらに起毛立たせたもののことをさして使われる場合もあります。それが転じて、起毛した革のことをバックスキンと表現するのも見かけますが、これは間違いです。




↑ PAGETOP