グッドイヤー・ウェルト製法

グッドイヤー・ウェルト製法

グッドイヤー・ウェルト製法は、19世紀にC.グッドイヤーJrらが開発した製法です。

アッパー、インソール、ウェルトをいっしょにすくい縫いし、中物(コルク状など)をつめてウェルトとアウトソールを縫い込みます。非常に手間のかかる工程です。

» くわしく見る

ステッチダウン製法

ステッチダウン製法

ステッチダウン製法は、グッドイヤー・ウェルト製法以前から存在した原始的な製法で、アッパーを足型に沿って外側に引き伸ばし中板と結合させ、アウトソールに縫い付る、またはアウトソールを接着剤で着ける製法です。

» くわしく見る

ノルウィージャン製法

ノルウィージャン製法

ノルウィージャン製法は、ノルベジェーゼ製法、ノルウェイジャン製法、ノーウェイジャン製法など様々な呼ばれ方をします。

その製法は、インソールに加工を施し、アッパーとインソールをすくい縫いにしたものと、補強のための甲革と中板をだし縫いにして、その後アウトソールと出し縫いにするという非常に手間のかかるものです。

» くわしく見る

マッケイ製法

マッケイ製法

マッケイ製法は、アッパーの端を内側に折り込み、アウトソールに直接縫い付ける製法です。グッドイヤー・ウェルト製法よりコバの部分がスマートな印象になり、かつ、軽量でソールの反りが良いために、イタリアの靴などのドレスシューズに多く用いられます。

» くわしく見る

セメント製法

セメント製法

セメント製法はアッパーとアウトソールを接着で貼り付ける製法です。縫い糸を使わないため靴の量産を可能になり、現在では多くの靴がこの製法で造られています。

» くわしく見る




↑ PAGETOP